お知らせ

樹・生命 屋久島を想う 林恭子展 2021、9、18~26

樹・生命 屋久島を想う 林恭子展

2021年9月18日(土)~26日(日) 10時~17時

土、日、祝は作家在廊予定です。

9月23日、25日は幸珈琲SACHI coffee(宮ノ前)で林恭子のワークショップを予定しております。

詳しくは幸珈琲のインスタグラムまで。

両日とも10時~1時間程度、定員4組まで。

料金:一組1000円(ワンドリンク付き、バッグ1枚追加につき+300円)

https://www.instagram.com/sachicoffee_pit/?hl=ja

 

荒天や感染拡大の状況によっては、開催を見合わせる場合もあります。

当HPなどでご確認の上お越しくださいますようお願いいたします。

 2020年10月3日(土)~10日(土)「林哲夫 喫茶店の時代 あのときこんな店があった展」

 「林哲夫 喫茶店の時代 あのときこんな店があった展」

同時開催  大田雅一 「懐かしの喫茶店」写真展

      喫茶店マッチ・コレクション展

 2020年10月3日(土)~10日(土)

時間:10時~18時(平日10時~17時) 

場所:ギャラリーきとう

林哲夫著「喫茶店の時代」(ちくま文庫)をもとにした喫茶店タイムライン展示を

行います。珈琲と茶の起源から中国、中東、ヨーロッパそして日本で、

どのように喫茶店が生まれ、変化してきたのか。

写真と絵でたどる架空の喫茶店めぐり。時間旅行を楽しんでいただきたいと思います。  

 

林哲夫プロフィール

1955年香川県生まれ。武蔵野美術大学卒。画家、著述家、装幀家。

1999年に書物雑誌「sumus」を創刊。2002年に「喫茶店の時代」で

尾崎秀樹記念大衆文学研究賞を受賞。

主な著書に「帰らざる風景 林哲夫美術論集」「古本デッサン帳」

「古本スケッチ帳」など多数。

編著・装幀「書影でたどる関西の出版100」により竹尾賞デザイン書籍優秀賞受賞。

https://sumus2013.exblog.jp/

 

 

2020年9月20~26日「大瀧千絵 ざくろ展」

2020年9月20日(日)~26日(土)「大瀧千絵 ざくろ展」

9月20~22・26日(土日祝)→13:00~19:00

9月23~25日(平日)→13:00~18:00

伊丹在住・大瀧千絵氏による伊丹市民として最後?の作品展が行われます。

ざくろモチーフに長年制作してきた日本画、立体作品等を大公開!!

ドキッとさせられる大瀧千絵の世界へようこそ。

「ミニてらすアート展」 

2020年7月22日(水)~26日(日)

10時~18時(初日22日13時より、最終日26日17時まで)

 

 

 

2020年3月20~22日・27~29日「ひょうご北摂ライフ写真展」

「ひょうご北摂ライフ写真展」 

2020年3月20~22日・27~29日

 

「ひょうご北摂地域での暮らし」をテーマに、2020年2月に公募した

「ひょうご北摂ライフ」写真コンテストの応募作品の中から入選作品を展示します。

街も自然もあるこの豊かな地域の魅力を、写真を通して発見しませんか?

 

 

1 2 3 4 5